再建築不可の物件はまさにお宝|格安で購入できる

メンズ

良い業者の探し方

戸建て

日高市にある不動産屋さんの外側に貼っている広告がいつもきれいにしているのなら、そこはかなりやる気のあるところだと見て良いです。スタッフさんが必死に探してくれる、急がせないというなら、そこに頼んでみることをおすすめします。

Read More..

ローン返済でお悩みの方

貯金箱

不動産は多額で取引されていますから、通常は購入する際に住宅ローンを利用します。返済が難しくなっても損失を最小限にするために、任意売却が人気です。東京には法的知識を備えた専門家が多くいますが、期待通りの結果を得るためには依頼先を選ぶ必要があります。

Read More..

損をしないためには

硬貨

不動産査定は普段縁がない人が多く、その価値に対する認識はあまりありません。そのため、複数の業者から見積もりを出してもらい、相場を知るようにしましょう。オンラインを用いた見積もりサービスを使うと、無料かつ手早くできます。

Read More..

格安住宅を手に入れる

説明

特殊な中古住宅

マイホームを購入する場合、相対的に見て新築よりも中古の方が価格が割安であることは一般常識となっていますが、特定の条件を付加して住まい探しをするとさらにお得な物件にめぐり会えることがあります。たとえば、再建築不可物件などがこれに該当します。再建築不可とは、現在建っている住宅に住み続けることはできるが、取り壊して新築することは認められないという規制のことをいいます。再建築ができない理由はいくつかありますが、最も多いのは接道義務を果たしていないというものです。これは、道路に対して敷地が一定以上の広さで接していなければならないという法律上の規定のことです。現在、再建築不可物件に該当するものの多くはこのルールが定められる前に建てられた中古住宅です。

大きな経済的メリット

再建築不可物件には上に述べたように用途が制限されるというデメリットがありますが、その分売出価格が安いというメリットがあります。さらに、資産としての評価が低くなるため税負担も軽くなります。また、新築は認められないもののリフォームは可能です。古い住まいでも手を入れることで快適な暮らしを送ることができます。こうしたことから、不動産市場では再建築不可物件に対する人気が静かな高まりを見せています。手持ち資金に乏しい新婚夫婦がマイホーム実現のための第一歩として利用したり、リタイヤした人がセカンドハウスとして購入するなどの例が目立っています。また、人に貸す前提で購入する人もいます。賃貸用であれば、新築不可という制限も気にすることなく利用できます。